IT機器の安全利用と効率化のロゴ

IT機器の安全性と効率化

ipadの利便性と安全性

プロジェクターを使うことなく、対面でプレゼンをおこなうビジネスマン

2010年にiPadが登場し、これまでのIT機器の使い方に大きな変化が生じた。
ノートパソコンは閲覧目的でも利用されてきたが、今はタブレットがその役割を担っている。
タブレットには、オフィスソフト、ブラウザ、各種クラウドサービスとの連携など、様々なアプリケーションが 低価格で提供されている。
以前は、一つのパソコンに万単位のアプリケーションをインストールして利用していたが、タブレットの登場でその必要がなくなった。

タブレットのメリット

  • ・軽量
  • ・バッテリー駆動時間の良さ
  • ・AppleIDやGoogleIDによるユーザー管理(データ管理)
  • ・学習コストの低さ
  • ・起動の高速性
  • ・ペーパーレス化の実現
  • ・ハードウェアとソフトウェアの合計額の低さ

セキュリティ効果と経済効果

立ちながら資料確認をおこなうビジネスマン
  • 1:データー移行がネットワークでできるため、USBメモリが不要。
  • 2:ペーパーレスであるため、印刷物置き忘れによる漏洩がない。
  • 3:ペーパーレスであるため、プリンタのトナー・用紙が節約できる。
  • 4:パソコンを広げにくい場所でも容易に資料確認ができる。

新製品発表後の旧製品が狙い目

ipad、ipadminiなど、新製品が発表されると旧製品が世界的に値下げとなる。 appleの公式サイトで発表され、発売もされる。

また旧製品のオプション商品は、公式サイト以外のアマゾンや楽天サイトでの値下げ幅が大きく、コストパフォーマンスに優れている。